塾講師の時給がどのくらいか、「塾講師 時給」「塾講師 年収」等で検索してみると

1200~3000円が相場です。と、時給の幅がかなりありますよね。

他業種ではあまり見ない、時給幅だと思います。

では、どうしてこんなにも時給に幅があるのか?

少しでも高いところを探しているけどどう探せばいいのか?

どうしたら塾講師の時給って上がるのか?

そんな疑問に本日はお答えしていきます。

 

塾講師の時給に幅がある理由

指導形態に種類があるから

一般的に学習塾には集団指導塾と個別指導塾の2つの種類に分類されます。

指導形態が違ってくるので、時給に違いが生じるのです。

時給の高さでいうと個別指導塾よりは集団指導塾の方が高いところが多いです。

ですが、時給が高くなる分、一度の指導人数が増え授業準備等の負担が個別指導塾よりは大きくなります。

また、当サイトでは時給という表記でお話しておりますが、

受け持つ授業のコマの数でお給料が計算される塾もあり、その場合授業以外の業務に関しては

お給料が発生しませんのでご注意ください。

まだ、授業や授業準備になれていない塾講師初心者の方は個別指導塾の方が働きやすいと思います。

少しでも高い時給の塾で働くには

まずは、求人サイトで求人をよく見て比較しましょう。

先程お伝えした通り、時給という表記の塾もあれば、コマ数毎にお支払いする塾もあります。

求人情報でわからなかった場合には、面接の際に必ず確認をしておきましょう。

また、実働時間・シフトがどのように組めるのかも事前に確認しておいた方がよいでしょう。

また、中学受験はとてもニッチであり、中学受験経歴があったり、指導経験が無いと働けません。

経歴やスキルがあると、時給が高くなる可能性がありますので、

もし中学受験に関する経験がある場合は、中学受験塾講師の求人情報も見てみましょう。

どうしたら時給が上がる?

➀塾講師としての経験を積む。

当たり前かもしれませんが、まずは経験を積むことです。

学生のバイトを募集している塾も多く、「未経験者歓迎」と表記している塾も現在は多数あります。

未経験の場合は、一番低い時給からのスタートになるのでまずは沢山授業をして経験を積みましょう。

➁生徒を志望校に合格させる

塾の一番の課題は生徒を志望校に合格させること。

受け持った生徒を志望校に合格させるという熱意は必要不可欠です。

また「○○学校合格実績有り」といった経歴を持つようになると、

同じ志望校の生徒から依頼があったりと、受け持つ生徒数も増え時給が上がる可能性も出てくるでしょう。

➂人気講師になる

合格実績を出すことも大切ですが、

生徒に親身になって授業をし、熱心に指導できる人気の講師になれるかどうかも非常に大切です。

やはり、塾業界は人気あっての仕事だと思うのでコミュニケーションスキルを磨き

人気講師を目指しましょう。

さいごに

塾講師は営業職ではありませんが、結果も求められる仕事だと思います。

塾講師という職業で稼いでいる方は皆、人気講師であり相当な指導スキル・実力を持っています。

自分にあった塾を見つけ、コツコツ頑張っていきましょう!