近年、人手不足と言われている教育業。

その影響か求人数が増加した業界ランキングでは1位に輝いています。

(参照:就職ジャーナル

ブラックな企業ばかりなのでは?という印象もあるかもしれませんが、

教育業は将来を担うであろう子どもたちを指導するという

とてもやりがいのある職業です。

その中でも働きやすいと言われている非常勤塾講師として働く場合の

メリット・デメリットをお話していきたいと思います。

 

非常勤塾講師として働くメリットは?

➀自由な自分の時間をたくさん確保できる。

非常勤講師の勤務は授業時間のときだけ、とされているため、

授業以外の業務は発生しません。

また、基本的に授業が開始されるのは生徒の学校が終わってからになるので

勤務は夕方からがメインになります。

そのため、夜型にはなってしまいますが、

午前中~夕方までの時間は完全に自分の時間として確保できるのです。

➁普通にどこかでアルバイトするより時給が高い

東京の非常勤塾講師ってどのくらい稼げるの?時給は?

のページでも時給についてお話していますが、非常勤塾講師の時給は高いです。

他業種のアルバイトと比較するとその高さがよくわかると思います。

未経験のスタートでも1200円くらいの時給がほとんどです。

もしかすると、事務などのバイトよりも高いかもしれません。

また、自分自身に中学受験経験や、難関校出身である場合は優遇される可能性もあります。

そういった経歴があるのであれば、塾講師という職業はおすすめです。

➂やり方次第で収入はいくらでも増やせる

➀➁に関連しますが、自分の時間がとれて、時給が高いというところから

もっと働きたいという人は、かけもちをすることも可能になってきます。

自分で裁量を決めて働くことができるので、このくらい稼ぎたい!という考えがある人は

非常勤塾講師というスタイルならそれを実現できると思います。

非常勤塾講師として働くデメリットは?

➀授業準備が発生する

メリットで自分の時間を確保できるというお話をしましたが、

非常勤講師はあくまでも授業に対して時給がお支払いされるところがほとんどです。

慣れてしまえばそんなに授業準備は苦にはなりませんが、

自分の時間を少しでも割きたくないという人には大きい問題と感じてしまうかもしれません。

➁授業がないと稼げない

当たり前ですが、授業あってのお給料なので

あまり生徒を受け持つことができなければ時給には反映されません。

こちらも経験を重ねて人気講師になることを目指していくしか方法はありませんが、

すぐ稼ぎたいという人にとってはもどかしいかもしれませんね。

とはいえ、どんな仕事でも楽して稼げる方法はないと思いますが…

➂他業種の友人との時間がとりずらくなる

非常勤講師は夕方~夜にかけてがピークタイムになります。

皆が働いている朝~夕方の時間は空いていて、夕方~夜が仕事になるので、

一般企業の方とは、勤務時間にズレが生じてしまいます。

 

さいごに

いかがでしょうか。

本日は非常勤塾講師として働く場合のメリット・デメリットをお話しました。

どんなお仕事もいいことだらけのお仕事なんてありませんよね。

自分のライフスタイル・人生設計から塾講師という職業が合っているかが大事だと思います。